14:11 2017年04月30日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    極東ヒョウ

    沿海地方へ欧州から希少な極東ヒョウ

    © Sputnik/ Aleksandr Kryajev
    ロシア
    短縮 URL
    0 25440

    ロシア沿海地方のサファリパークでは絶滅の危機に瀕する極東ヒョウの特別パークが作られようとしている。ここにヨーロッパから2頭の極東ヒョウが送られることが決まった。

    サファリパークのドミトリー・メゼンツゼフ代表は「欧州の極東ヒョウ保存プログラムに参加するよう進言された。チェコとスウェーデンの動物園から2頭の純血種のネコが渡されることになった。ヒョウたちがここで繁殖することを期待している。現在、われわれはヒョウ・パーク創設のためのあらゆる条件を整えている」と語っている。

    極東(アムール)ヒョウは地球に生息する大型ネコの中で最も希少性が高い。ロシアには沿海地方にしか生息しておらず、現在は60-70頭が残るのみ。

     

     

    関連:

    素晴らしき生きものたち:夏バージョン
    イルクーツクにネコの家 お手本は日本
    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント