00:07 2017年08月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    米諜報機関 ロシアの計画に関する報告書を公表

    米諜報機関 ロシアの計画に関する報告書を公表

    © 写真: Ministry of defence of the Russian Federation
    ロシア
    短縮 URL
    81006140

    「ロシアは、海軍艦隊の装備替えの枠内で新世代の巡航ミサイル『カリブル』の使用を拡大する計画だ」―米海軍諜報局の報告書の中では、そう述べられている。

    公表されたデータによれば、「カリブル」クラスの巡航ミサイルは、コルベット艦などあまり大きくない艦船にも装備される計画で、この事は、戦闘力を著しく強めると見られている。ブルームバーグ通信が伝えた。

    また報告書の中では「ロシアは対艦ミサイルの改善を続けており、そのスピードや機動性を高めている。この事は、米国及びその同盟諸国の海軍にとって更なる脅威となっている」と述べられている。

    さらに米国の諜報機関は、ロシアの潜水艦隊の装備交換に大きな注意を向けている。なお報告書は「敵への威嚇や防護に期待が賭けられている。ロシアによる潜水艦の改良は、潜水艦に弾道ミサイルを装備する事から始まった。万能型の原子力及び非原子力潜水艦の建造は、後回しにされた」と指摘している。

    ロシアは、昨年7月に新しい軍事海洋ドクトリンを提起した。その中では、大西洋での潜水艦隊の作戦に特別重きが置かれている。

    タグ
    武器・兵器, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント