19:09 2018年09月22日
プーチン・安倍会談、2時間を越し進行中

駐ロ米大使「我々はソ連の人々と一緒にナチズムと戦ったことを誇りに思う」

© AFP 2018 / Dimitar Dilkoff
ロシア
短縮 URL
1114

6日、ロシア駐在のジョン・タフト米大使は、モスクワ・クレムリンの壁わきの無名戦士の墓に花輪を備え、声明を発表し、その中で、グローバルな脅威を前に我々を結束させた協力の精神に特別の注意を促した。

「不滅の連隊」運動、国際化
© Sputnik / Alexander Vilf
米大使館のサイトに発表された声明の中で、タフト駐ロ大使は、次のように述べた-

「我々は、大祖国戦争の時代にソ連の人々が引き受けた極めて重い損失と犠牲を深く尊敬するものである。

私は、我々が、手を取り合って、ナチズムと戦ったことを誇りに思っている。

この日、我々はまた、グローバルな脅威を前に我々を結束させた協力の精神を思い出している。犠牲と勇敢さ、そして高い代償を払ってあの英雄的世代が手にした勝利を、常に忘れないでいようではないか。」

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント