01:40 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 27°C
    ロシアの飛行機にインターネット登場

    ロシアの飛行機にインターネット登場

    © AFP 2017/ Miguel Medina
    ロシア
    短縮 URL
    0 401120

    ロシアの衛星通信会社「コスミーチェスカヤ・スビャジ. (宇宙通信)」は、ロシアの衛星を介して飛行機内でブロードバンドサービスを提供するための装置開発を予定している。同社代表取締役がロシア紙『イズベスチヤ』に伝えた。

    飛行機へのロシア衛星を介した通信機器設置についてのパイロット版の計画は来年に予定されているという。飛行機の機体に設置される信号を受信する特別なアンテナは、機体の流線形を損なわないものになるはずだ。アンテナは飛行機よりはるか高くに位置する衛星から信号を受け取る。

    その後信号はすでに機内へ送ることができ、機内では普通のWi-Fiとして信号が飛ぶと、イズベスチヤ紙は報じている。1国から違う航空会社への全路線で通信を保障するために、1つ以上のキャリアを使用できるシステムインテグレーターと契約が結ばれている。世界にはこのようなサービスを規制する企業もある。たとえば、アエロフロートの飛行機数機に通信を供給している「OnAir」や、トランスアエロに通信を提供している「Panasonic Avionics」などだ。

    大きな飛行機事故が何度か起こった後、国際民間航空機関 (ICAO)は、2020年までに全飛行機は、機体を監視する機器を設置するようにとの規格を作った。そしてインターネットは信号が途切れなく地上に送られるためにまさに必要なものだ。

    なお先に伝えられたところによると、ロシアの首都モスクワが2016年、欧州で最も安い観光地リスト入りした

    関連:

    英国男性、24時間で12諸国を回る世界記録を達成
    日本へのロシア旅行者の波が収まる
    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント