14:18 2017年03月26日
東京+ 6°C
モスクワ-3°C
    ロシア外務省:米国のシリアでの協力拒否はテロリストへの贈り物

    ロシア外務省:米国のシリアでの協力拒否はテロリストへの贈り物

    © Sputnik/ Eugene Odinokov
    ロシア
    短縮 URL
    8938270

    ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官は「シリアにおけるテロリストとの戦いにおいて、米国はロシア側との協力を拒否したが、これは、戦闘員にとってより良い贈り物となるだろう」と指摘した。

    ザハロワ報道官は、自身のFacebook.の中に「もし協同行動停止に関しワシントンから示されている脅迫行為が、公式的な決定に変わるならば、ホワイトハウスが戦闘員を自分達の翼下に受け入れ、テロリストにとって大きなお祭りになることは、もはや疑いがないだろう」と書き込んだ。

    ザハロワ報道官はまた「米政府は、長い間、原則的に、シリアにおけるテロリストの存在を否定してきた」と強調した。

    先にシリア政府軍司令部は、テロリストらがコントロール下に置いているアレッポ東部地区での作戦開始を発表した。政府軍は、一般市民に対し、戦闘員らが集まる場所や彼らの司令ポイントに近づかないよう呼びかけた。

    関連:

    シリアでの米国とロシアとの協力停止日が明らかにーマスコミ
    ロシア外務省、シリアに関する米国の声明をテロリスト支持と規定
    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      “テロと戦う”という口実の利用は、トルコとアメリカ軍部隊が、シリア国内で違法に作戦活動をしている事実に対する笑わせる隠れ蓑だ。北シリアの都市アレッポに対する両国の存在を拡大するにつれ、明らかになっているのは、このNATO加盟二国が徹底的なシリア侵略を行っていることだ。

      驚くべき結論は、ロシアとアメリカがお互いに対抗する世界大戦が進行中だということだ。
      素直になるなら、アメリカ政府がその責任を負っている戦争が、長期間、ずっとやってきつつあることを認めなければなるまい。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-f09a.html
    • 稲美 弥彦
      アメリカはシリアから去れ。
      ドルユーロが崩壊間近だから、何も出来ない欧米。
    • avatar
      酒虎碁山
      ロシアは正しい事をしていると思いますが、あらゆる事でアメリカに譲りすぎた結果がコレでしょう。この戦争行為は当事国だけで解決できないと思います。。別の記事にも書きましたが、「国連は何をしているのだ」と。もはや国連にかわる別の組織が必要なのではないでしょうか。あと西側欧米・日本の大手マスコミも要らない。
    • 天網恢々
      テロリストを養成し訓練し、中東に送り込んでいるのは
      ユダメリカや英国ですからね。

      攻撃できるわけがありませんね。
    • avatar
      豊岳正彦
      このアメリカの「東大話法」責任転嫁冤罪奇形司法論告声明の原稿は、イスラエルモサド悪魔王NHK奇形司法が書いたものである。同一筆跡だからねw
    新しいコメントを読む (0)