11:05 2017年06月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 14°C
    ラヴロフ外相

    ラヴロフ外相、ロシアの兵器配備は自国領内、米国の東欧配備とは違う

    © Sputnik/ Sergey Pyatakov
    ロシア
    短縮 URL
    0 1490460

    ラヴロフ外相はCNNテレビからのインタビューに答え、カリニングラードでの兵器の配備について、これはロシアは自国領内で行動していることであり、原因は米国は東欧への兵器配備を行なっているからだと語った。

    「自国領内で弾頭をどう展開しようが、これは我々の領土だということだ。」

    「だが米国は東欧の軍事プログラムの展開費を4倍も拡大した。米国は我々の国境へ軍事インフラを接近させている。今しも、米国の最新の航空機F-35は最新の核爆弾を搭載し、ロシアとの国境付近に配備されることになっている。だがこれは米国の領土ではないではないか。」

    タグ
    米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント