18:22 2021年06月23日
ロシア
短縮 URL
4294
でフォローする

ロシア連邦航空宇宙軍は、最新鋭単座型戦闘機ミグ35にレーザー兵器を搭載すると発表した。ヴィクトル・ボンダレフ司令官が伝えた。

ロシア、新世代MD実験を準備
© AFP 2021 / US Air Force/Joe Davila
金曜日、ボンダレフ司令官は記者団に対し「テスト飛行の様子を見て、すぐにでも配備に取り掛かる。原則として、各機には、地上用、空中用などあらゆるタイプのレーザー兵器が備えられる。」

これに先立ち、ロシア航空機生産合同のユーリイ・スリュサリ社長は「最新鋭ミグ35型戦闘機のシリーズ生産は、2019年以降に開始される。同機は、レーザー兵器搭載可能だ」と述べていた。

ミグ35は、ミグ戦闘機の中では最も新しいタイプのもので、第4++(ツープラス)世代に属し、第五世代戦闘機に向けた過渡期のものとみなされている。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント