12:39 2018年02月20日
東京+ 7°C
モスクワ-7°C
    露黒海艦隊、独自の潜水機を配備

    露黒海艦隊、独自の潜水機を配備【写真】

    © 写真: JSC Tetis Pro
    ロシア
    短縮 URL
    1110

    最新の遠隔操作無人潜水機「マルリン350」がロシア黒海艦隊に配備された。ロシアメディアが報じた。潜水機を搭載するのは救助曳船「SB-739」。

    スプートニク日本

    潜水機は例えば、浅瀬に座礁した船体を救助する際に用いられる可能性がある。「マルリン」は水中の座礁した部分を調べ上げ、最適な軌道操縦を選択する。

    潜水機の全長は1メートルをわずかに超えるほどで、総重量は約50キロ。潜水機はマイナス20度からプラス50度の水温、水深350メートルで機能できる。

    先に、イラン軍はロシア製高性能地対空ミサイルシステム「S300」の発射実験を実施し、成功したと報じられた。

     

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント