02:07 2019年09月24日
恩赦と引き換えにクリントン氏ハッキングの責任を引き受けるよう提案された=露ハッカー

恩赦と引き換えにクリントン氏ハッキングの責任を引き受けるよう提案された=露ハッカー【動画】

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
1105
でフォローする

プラハで逮捕され、米国企業からのデータを盗んだ容疑がかけられているロシア人によると、「プーチン大統領の命令」でトランプ大統領の利益のためにヒラリー・クリントン氏のメールをハッキングしたことを認めるよう取り調べの際に提案された。

スプートニク日本

ハッカーのニクーリンがチェコのある編集部に送った手紙には取り調べの様子が描写されており、このような提案は、昨年11月に行われた取り調べで、見知らぬ男によって初めて出されたと主張されている。

その提案は次のように描写されている。

「あなたがB.プーチンの命令でD.トランプのためにヒラリー・クリントンのメールボックスをハッキングしたとの声明をだし、米国への身柄引渡しに同意する必要がある。そこで我々は全ての容疑を取り下げ、あなたに部屋と金、米国籍を与えよう。」

ハッカーによると、提案された取引を断ったが、提案は届き続けた。容疑に関連した問題解決と引き換えに、民主党全国大会のサーバーをハッキングした責任を取るようにも提案された。

その提案もまた、断ったということだ。

チェコ政府はロシア人のエブゲニー・ニクーリンを2016年10月に逮捕。ロシアと米国が同時に身柄引渡しを要請した。米法務省はニクーリンをリンクトイン、ドロップボックス、「Formspring」社のコンピューターをハッキングして損害を負わせた容疑をかけている。ロシア外務省のザハロワ報道官はその逮捕を「米政府機関によって展開された全世界でのロシア人狩りのまたもやの証拠」だと述べた。

先の報道によると、ウィキリークスがサイト上にCIAの機密情報、「ヴォルト7」の続きを公開した

タグ
ハッカー, チェコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント