11:43 2018年09月24日
プーチン大統領(アーカイブ写真)

プーチン大統領、スノーデン氏への亡命を許可した理由を語る

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
ロシア
短縮 URL
3253

米国家安全保障局(NSA)および中央情報局(CIA)の元職員スノーデン氏とロシア政府の代表者が初めて接触したのは中国だった。プーチン大統領が米映画監督オリバー・ストーン氏のインタビューに対して述べた。インタビューの一部はブルームバーグが公開した。

スノーデン氏 (アーカイブ写真)
© REUTERS / Svein Ove Ekornesvaag/NTB Scanpix
スプートニク日本

プーチン大統領は、ロシア政府が人権侵害との闘士としてスノーデン氏に亡命許可を下したと説明した。

プーチン大統領はインタビューで先に報道されているように、スノーデン氏は裏切り者ではないとの見解を示した。スノーデン氏が「流出が米国にとって致命的であったであろう何らかの情報を一切の他国に渡していない」ことをプーチン大統領は強調しつつも、スノーデン氏は機密情報を公開して誤った行動を取ったとの立場を取った。

この前、米国家安全保障局(NSA)の元契約職員、エドワード・スノーデン氏は、今後数年のうちに、ロシア市民権を取得申請ができると発表された

タグ
ハッカー, インターネット, エドワード・スノーデン, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント