15:45 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    ロシアで新たなマルウェアが猛威

    ロシアで新たなマルウェアが猛威

    © Fotolia/ Alexshalamov
    ロシア
    短縮 URL
    252505

    ロシアのアンドロイドユーザー数百人が、新たなウィルスの被害にあった。ウィルスは、ショートメッセージを用いて銀行のオペレーションを行う「SMSバンキング」の利用者から金銭を奪うために用いられる。ロシアメディアが報じた。

    スプートニク日本

    サイバー犯罪の予防・調査企業「Group-IB」の広報担当は、「マルウェアの活動に対する数百件の訴えが当社に届いたことを確認」と発表した。

    感染経路は、連絡先にある誰かからリンクを載せたMMSが送られ、リンクを踏むとマルウェアをダウンロードするというもの。

    マルウェアはスタンダードなSMSアプリの代わりになる。その後、遠隔銀行サービスのアクセス権を取得して、被害者の口座の残高を知ったあとに犯人の口座に送金する。

    先の報道によると、最近全世界で猛威を奮った「WannaCry」ワナクライに似た身代金要求型ウィルス(ランサムウェア)が中国に登場した

    タグ
    ハッカー, インターネット, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント