03:40 2018年11月21日
ロシア第5世代ジェット戦闘機 新たな可能性が明らかに

ロシア第5世代ジェット戦闘機 新たな可能性が明らかに

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
2497

ロシアの第5世代ジェット戦闘機開発計画(PAK-FA)の戦闘機T-50についてロシア航空宇宙軍のヴィクトル・ボンダレフ総司令官は戦闘でパイロットに事実上際限ない飛行の可能性を与えるものと説明した。

スプートニク日本

「現段階ではT-50に乗るパイロットには機体を開発し、使用する上で生理学上の限界は存在しないといえる。」凡打レフ総司令官は記者団にこう語っている。
ボンダレフ総司令官はT-50はエンジン出力、爆弾の積載量、飛行距離ともに上回り、他にも多くの基準値が改良されているとし、「設計者は戦闘機がパイロットに最大限を与えるよう設計した」と語っている。

PAK-FAはロシアの第5世代戦闘機で初飛行は2010年。これより前、最初の5機の納品が2019年にも開始されることが明らかにされている。

先の報道によると、ロシアの「先端技術研究基金」が、次世代戦闘機「PAK FA(T-50)」などに装備されると予想されている航空機の「神経系」を初めて発表した。

タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント