11:15 2018年07月17日
ラブロフ外相

ラブロフ外相 露米関係とかけてダンスと解くと米国のそれは「ブレークダンス」

© AP Photo / Michael Sohn
ロシア
短縮 URL
0 41

ラブロフ外相は露米関係についてコメントしたなかで、ロシアは常に対話に対して開かれた態度をとっているものの、「タンゴを踊るにはペアが要る」と述べた。ラブロフ外相は米国のロシアへの対応を比喩的に「ブレークダンスを踊っている状態」と皮肉っている。

スプートニク日本

ラブロフ外相は、ロシアのほうは友好的かつ建設な相互関係に開かれた態度をとっていると強調したうえで、

「ところがご存じの通り、タンゴには2人が必要だ。ところが米国にいる我々のパートナーらは毎回個人プレーのブレークダンスをやっているようだ」と語った。

これより前、セルゲイ・ラブロフ外相は来年2018年のロシア大統領選へ出馬する意向はないことを明らかにした。

タグ
おもしろい, 戦争・紛争・対立・外交, セルゲイ・ラブロフ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント