06:39 2019年12月15日
ロシアのショイグ国防相

露国防相「露軍、ダーイシュへの石油供給を壊滅」

© Sputnik / Sergei Guneev
ロシア
短縮 URL
0 130
でフォローする

ロシア航空宇宙軍が2年間にわたり、シリアでの軍事作戦に参加したことによって、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」への石油採掘による資金供給は事実上断たれたと、ロシアのショイグ国防相が発表した。

スプートニク日本

24日、ショイグ氏は東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議で演説し、「2015年まで、ダーイシュはシリア領での石油売却によって年間およそ30億ドルを得ていた。これは1日当たり最大1千万ドルになる計算だ。現在、ダーイシュへのシリア領からの資金供給は事実上断たれている」と述べた。

また、「200カ所を超える石油・ガス採掘施設、184カ所の石油精製施設、126カ所の燃料補給装置、そして約4千台のタンクローリーを破壊した」とも述べた。

さらにショイグ氏は、ダーイシュが支配していたシリア領は、ロシア航空宇宙軍による作戦開始以前にはシリア全体の7割を超えていたが、現在ダーイシュの支配下に残っている領土はシリア全体の5%以下であると明らかにした。

関連ニュース

露国防省「米国務省が初めてシリア反政府勢力による化学兵器使用を認めた」

シリア軍准将「ダーイシュ兵器庫からNATOの最新兵器発見」

タグ
ダーイシュ, 石油, 東南アジア諸国連合, ロシア国防省, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント