04:18 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    ウラジオ寄港中の海自護衛艦「はまぎり」が一般公開

    ウラジオ寄港中の海自護衛艦「はまぎり」が一般公開

    © REUTERS/ Yuri Maltsev
    ロシア
    短縮 URL
    0 71

    日露二国間の捜索・救難共同訓練「SAREX(Search and Rescue Exercise、サレクス)」参加のためウラジオストク港に寄港した日本海上自衛隊の護衛艦「はまぎり」が一般市民に向けた公開を行った。

    スプートニク日本

    ロシア軍・東部軍管区報道局のヴォスクレセンスキー部長(太平洋艦隊担当)は「非公式訪問でウラジオストク市カラベリナヤ・ナーベレジュナヤ第33埠頭に寄港中の日本の海上自衛隊の護衛艦『はまぎり』は本日も、地域住民に一般公開を行う。希望者はこの護衛艦を訪問し、装備を見学したり、艦内ツアーで海自船員の勤務条件や日常生活について理解を深めることができる」と述べた。

    在ウラジオストク日本総領事館および地元メディアによると、一般公開は11月21日と22日の2日間の予定。初日の訪問者数は700人を超えたとされる。

    護衛艦の停泊期間は5日間。船員らは視察やロシア太平洋艦隊の船員らとスポーツ親善試合に参加する他、儀典的な行事や共同会談が実施される。

    関連ニュース

    海自護衛艦、訓練のためウラジオ寄港へ

    2018年、ロシア語の文化テレビチャンネルが日本に登場するかもしれない

    タグ
    露日経済協力, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント