02:31 2019年01月20日
スホイ57(Su-57)

スホイ57第5世代の軍備時期が明らかに

CC BY-SA 3.0 / Rulexip / PAK FA vapor during a High-G maneuver at MAKS-2015
ロシア
短縮 URL
1130

ロシア上院(連邦会議)国防安全保障委員会のヴィクトル・ボンダレンコ委員長は、スホイ57(Su-57)の第5世代戦闘機のロシア軍への最初の納品が2018年にも開始されると発表した。ボンダレンコ委員長はこれをスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

ボンダレンコ委員長は「戦闘機は飛行実験に成功した。パイロットらはすぐにでも操作に慣れ、飛行を開始するだろう」と語った。最初に納品されるのは12機で、Su-57の大量生産の開始は2019年に予定されている。

スホイ57第5世代の一番の特徴は骨組みに炭素繊維強化プラスチックを材料に作られたマテリアルが使われていること。このおかげで今までより一層、機体の姿はレーダーに捉えにくくなっている。

スホイ57第5世代には最新の電子システムが搭載されており、エンジン出力、積載可能な爆弾の数、飛行距離も著しく向上している。2門の30ミリ口径の機関砲を搭載しており、主な装備は近接戦闘用のミサイル2発と中距離型ミサイル8発となっている。

関連ニュース

ロシア、第4++世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

露国防省、第4世代戦闘機の性能示す動画を公開【動画】

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント