04:31 2018年11月19日
アレクサンドル・ガルシカ極東発展相

ロシア極東発展相:電子ビザで極東連邦管区の全地域に行くことができるようになる

© Sputnik / Dmitry Astakhov
ロシア
短縮 URL
0 62

ロシア極東発展省は、極東のすべての国際空港を経由した電子ビザによる外国人の入国に関する法案を作成し、ロシア政府に提出した。アレクサンドル・ガルシカ極東発展相が発表した。

スプートニク日本

ガルシカ氏は「ロシア大統領は、電子ビザの仕組みを例外なく極東のすべての国際空港に拡大するよう指示した。同法案はすでにロシア政府に提出された。我々は2018年からこれがウラジオストクだけでなく、すべての国際空港で行われると考えている。東京から電子ビザでブラゴヴェシチェンスクやペトロパヴロフスク・カムチャツキー、その他の都市へ飛行機で来ることが可能となる」と指摘した。

また個別に サハ共和国(ヤクーチア)、カムチャツカ地方、チュクチ自治管区、マガダン州、アムール州、サハリン州の極東の空港の近代化や再建の問題が検討されている。

現時点で自由港経由でウラジオストクを訪問するために18カ国の国民に約6000の電子ビザが発行された。簡素化されたビザ制度を約4000人が利用した。

電子ビザによるウラジオストク訪問者数は、2290人の中国がトップ。2位は、日本(1338人)。またさらにシンガポール(61人)、インド(18人)、北朝鮮(12人)、サウジアラビア(7人)、イラン(3人)、トルコ(3人)、アラブ首長国連邦(3人)、クウェート(2人)、アルジェリア(1人)、モロッコ(1人)、メキシコ(1人)の11カ国の国民も電子ビザを利用した。

関連ニュース

新種の入国ビザ ロシア政府が承認

ハバロフスク空港の施設新設事業で日本企業との交渉大詰め

タグ
旅行, 観光, ビザ・査証, 日本, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント