08:14 2018年05月28日
東京+ 20°C
モスクワ+ 16°C
    ロシア戦闘機Su-57

    ロシア戦闘機Su-57 最新兵器を搭載して飛行

    CC BY-SA 3.0 / Rulexip / PAK FA vapor during a High-G maneuver at MAKS-2015
    ロシア
    短縮 URL
    0 324

    ロシアの企業「戦術ミサイル兵器」社のボリス・オブノフ社長は、ロシアの第5世代戦闘機Su-57が次世代の航空攻撃手段を搭載した飛行を開始したことを明らかにした。

    スプートニク日本

    オブノフ社長は、「緊張した作業が続けられている。同機のための高精度兵器は機内に装備されたものも、機外に取り付けられたものもすべて我が社の傘下企業の開発だ。実践飛行にこぎつけており、そう遠くない将来に結果を目にすることができると考えている」と語っている。

    オブノフ社長は、兵器のほぼすべての種類の間の相互行動のプロトコルは調整がとれていると補足した。

    Su-57の初飛行は2010年。これまでの報道では昨年末の12月5日に新型エンジンを付けての初飛行が行われている。

    タグ
    航空, 軍事, テクノ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント