13:55 2018年10月21日
ロシアでまたもや大手メッセンジャー使用禁止、今度は「テレグラム」

ロシアでまたもや大手メッセンジャー使用禁止、今度は「テレグラム」

© Sputnik / Kirill Kallinikov
ロシア
短縮 URL
1118

13日、モスクワの裁判所はロスコムナゾール(ロシア連邦通信局)が訴えていた、メッセンジャー「テレグラム」の使用禁止について是認した。連邦通信局は、即座にテレグラムの使用禁止手続きを開始することを許可された。

スプートニク日本

テレグラムの使用禁止は、テレグラム側がユーザー同士のやり取りの暗号化キーをロシア連邦保安庁に渡すことを拒んだことと関係している。テレグラム側は、それは技術的に不可能であると説明している。

証拠資料の提出は一時間半もかからず、その後裁判官たちは審議室に消えた。その間、連邦通信局と連邦保安庁の代表者は、テレグラムが暗号化キーを特務機関に受け渡し拒否をしていることは、国家と社会の利益をおびやかすものであり、テロリストたちの益になってしまうかもしれないと発表した。

13日、テレグラムの代表者の姿は裁判所にはなかった。テレグラムの創設者パーヴェル・ドゥロフ氏は法律家らによって、「公開喜劇」に参加することを禁じられたのである。

約一年前、ロシアではメッセンジャー「ライン」と、ブラックベリーのメッセンジャー「BBM」の使用が禁止されている

関連ニュース

フェイスブック、8700万人のデータ流出を認める

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント