03:20 2018年05月26日
東京+ 20°C
モスクワ+ 18°C
    日本の最先端技術のリハビリセンターがウラジオストクに開設

    日本の最先端技術のリハビリセンターがウラジオストクに開設

    © 写真: Administration of Primorsky Krai
    ロシア
    短縮 URL
    0 41

    露日共同経済協力の枠組みで、日本企業に露日共同経済協力の枠組みで、日本企業によってウラジオストクにリハビリセンターが開設された。

    スプートニク日本

    センター設立に投資したのは医療施設の建設に大きな経験を有す日揮株式会社と社会医療法人北斗。開設式は5月16日に行われ、露日政府の公式的な代表の他、日揮と北斗の両社の幹部がこれに参列した。

    リハビリセンターは脳卒中を経験した患者や義肢を使用している人を主に対象としている。リハビリのサービスは日本人医師の指導部のもとに日本で行われている形態とレベルを踏襲して提供される。

    センターでは医療ロボットや日本の最先端技術が使われており、訪れる人の注目を集めている。

    関連記事

    タグ
    健康, 露日経済協力, 医療, ウラジオストク, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント