16:32 2018年06月18日
プーチン大統領

プーチン大統領、「ロシアはシリアを最新兵器の実験場とはみなしていない。だが最新兵器は現地で使用されている。」

© Sputnik / Mikhail Klimentiev
ロシア
短縮 URL
1121

直接対話でプーチン大統領は、ロシアとしてはシリアを最新兵器の実験場とみなしてはいないものの、新兵器は現地で使用されていると語った。

スプートニク日本

プーチン大統領は「ロシアはシリアを新兵器の実験場とはみなしていないものの、新兵器は現地で使用はされている」と指摘し、ロシア軍は、それが有利であるうちはシリア領内に駐屯しつづけると補足した。

こう述べた上でプーチン大統領は、「ロシア軍が実戦で用いられることは稀有な経験であり、どんな演習も比較にならない。テロリストはここで武器を手に迎え撃つより、向こうで殲滅したほうがいい」と強調した。

関連ニュース

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ウラジーミル・プーチン, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント