09:30 2018年09月22日
北極(アーカイブ写真)

ロシア 北極で紛争勃発の脅威を指摘

© Sputnik / Mikhail Fomichev
ロシア
短縮 URL
0 62

ロシアのショイグ国防相は、北極は一連の諸国にとって領土、資源、軍事戦略上の利益の場に変わってしまったことから、この地域が紛争を呼ぶ危険性が高まる恐れがあると指摘した。

スプートニク日本

ショイグ国防相は、「北極圏におけるロシアの国益の擁護とその積極的伸長はロシア軍の優先的活動であり続けている。今日、北極圏は一連の諸国の領土的、資源上の、軍事戦略的利益の対象に様変わりしてしまった。これがもとになってこの地域に紛争が起きる危険性が高まる恐れがある」と述べている。

ショイグ国防相は、現在、北極圏にはロシアだけでなく、韓国、スウェーデン、ドイツ、中国、米国も砕氷船を配備していると指摘している。

ショイグ国防相は、現在ある、また予測される脅威に的確な対応するために、北方艦隊は2020年までに北極に軍部隊編成の可能性を拡大する露国防省の複合計画の実現を続けていると強調した。

関連ニュース

ロスアトム、北極用原子炉を開発

北極の氷の中を通過するロシアの原子力潜水艦の動画が公開される【動画】

タグ
軍事, セルゲイ・ショイグ, 北極, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント