18:11 2018年12月14日
北極

ロスアトム、北極用原子炉を開発

CC0 / Unsplash
テック&サイエンス
短縮 URL
123

小型で環境にやさしい原子炉「RIFMA」プロジェクトがロシアで開発された。自律モードで動作する小型原子炉は、アクセスが困難なロシア北極圏にある、ロシア国防省の特別施設を含む施設にエネルギーを供給する。

スプートニク日本

原子炉は水を注いだプールの中に置かれた低濃縮ウランを燃料にして稼働する。アクティブゾーンは垂直管のなかを通る液体リチウムによって冷却される。

核反応で発生する熱はリチウムを加熱し、蒸発させる。高温になったリチウムは冷却管の外側面を加熱し、熱が熱光電池に伝わり、電流が発生する。光電池のエネルギーの変換効率は12〜17%。

原子炉「RIFMA」の発電量は100〜500キロワットに調整可能。常時メンテナンスなしで10年間、自律モードで動作するよう設計されている。

関連ニュース

ロシア産全地球ネットシステムがいかに機能するか、国営ロスコスモスが発表

北極で最多の無機廃棄物が見つかる

タグ
テクノ, 科学, 北極, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント