12:18 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    北極

    北極で最多の無機廃棄物が見つかる

    © Sputnik / Vera Kostamo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    125

    ドイツの研究チームは、北極の氷1リットルが1万2000個のマイクロプラスチックを含んでいると発見した。地球温暖化によりプラスチックが海中に入り込み、世界の海洋の生態系が危機に瀕する可能性がある。

    スプートニク日本

    北極の氷からは17種類のプラスチックが発見された。その中には包装材料、塗料、ナイロン、ポリエステル、タバコのフィルター製造に使われるアセチルセルロースなどが含まれる。微粒子の多くは海洋生物の体内に容易に入りこみ、死に至らせるほど小さい。研究結果はアルフレッドウェゲナー極地海洋研究所のサイトに公開された。

    プラスチックの主な危険は、すぐには自然に分解されないことにあるとロシア科学アカデミー海洋研究所のミハイル・フリント氏が述べる。放射能汚染や海洋の高い金属濃度は自然に処理されるが、プラスチックでは不可能だ。

    海洋のプラスチック汚染は、プラスチックを集めてリサイクルすることによってのみ可能。これは科学だけでなく、人類文化にとっての問題だとフリント氏は強調する。

    関連ニュース

    日本のJAMSTEC、マリアナ海溝の海底で初めてポリ袋を発見

    ウクライナのゴミ、スロバキアの川を堰き止め

    タグ
    環境, 北極
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント