10:24 2019年09月19日
プーチン大統領(アーカイブ写真)

プーチン大統領 完全な独立国は世界に存在しない

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
2331
でフォローする

プーチン大統領は15日、ソチでルカシェンコ大統領との会談を終えた後の記者会見で、世界には絶対的な独立国は存在しないとする声明を表した。

スプートニク日本

「世界には完全なる独立国は存在しない。大国だろうと小国だろうとすべてがそうだ。今の世界というのは相互に依存しあう世界だ。」

プーチン大統領はこう述べる一方で「主権と独立、これは極めて近い概念だ」と指摘している。

プーチン大統領は欧州諸国を例にとり、今の欧州諸国は独自で決定をとることが少なく、代わって欧州議会が決定する場面が多いが、それはかつてソ連の最高会議がその共和国に代わって同様の決定をとっていたよりも多いとの見方を示した。

関連ニュース

タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント