14:23 2020年08月05日
ロシア
短縮 URL
116
でフォローする

ロシア、ウラル地方のユルガミシュ市の中学校でお昼の給食に変わった肉が出された。地元のニュースポータル「クルガン・ル」が報じた。

スプートニク日本

問題の給食は2月18日に出されたもの。お皿に乗った物体からはハリネズミの極太の針に似たものが突き出ており、どう見ても肉には見えない。

SNSに給食の写真が公開されると「これ、竜の肉片なんじゃないか?」「いやはや、ユルガミシュの学校じゃ、こんなもんを子どもに食べさせてるのかよ」と辛らつなコメントが相次いでいる。

現時点ではこの給食について、これから調査が行われるという発表が出されている。

関連ニュース

ゴキブリのメスを愛し、食べてしまった日本人

米大学、食品中の細菌をスマホで見抜くチップを開発

タグ
怖い, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント