15:10 2019年11月13日
ミサイル「ツィクロン」

欧米の専門家はロシア潜水艦発射ミサイルを過小評価=独誌

© 写真 :
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
252
でフォローする

独誌シュテルン(Stern)に寄稿した記事でゲルノート・クランペル記者は、ロシアの潜水艦発射型極超音速ミサイル「ツィクロン」が欧米の専門家の予想より格段に速かったと指摘した。

スプートニク日本

「ミサイルの速度は時速1万1千kmであるため、米国防総省に到着して壊滅させるのに5分あれば十分だ」。

空母「アドミラル・クズネツォフ」
© Sputnik / Press service of the Northern Fleet/Andrey Luzik
クランペル記者によると、欧米の専門家は「ツィクロン」の時速が6千キロを超えることはないと見込んでいた。

だがミサイルは予想を超えた。速度と1千キロの射程により、迎撃が不可能になっている。

プーチン大統領は2月20日の教書演説で、「ツィクロン」の時速はマッハ9で、射程は1千キロを超えると述べた。

関連ニュース

 

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
タグ
軍事, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント