17:39 2019年08月26日
子供

ロシアの女性たち 出産の高年齢化が顕著に その理由は?

© AP Photo / Charles Krupa
ロシア
短縮 URL
0 60

ロシア​では​女性たちの初産の年齢が過去数十年で著しく高くなって​いる。タチアナ・ゴリコワ副首相​はそれが国の人口動態​​状況を​著しく​悪化させ​かねないとの懸念を表した。​

スプートニク日本

ゴリコワ副首相​は「現在、初産の主な年齢は25~34歳。これは、2人目​、​3人目の子​ども​を産むことができる女性数が大幅に減少することを意味する。1995年に24歳以下で最初の子どもを出産した母親の割合は出生総数の60%であったが、2018年ではその割合は45%を下回っている。そのため、女性が若​くして出産することを恐れないように、初産を促すことが大切だ」と述べ​ている​。

ゴリコワ副首相によると、1人目の子どもの出生年齢が高くなったのは、将来の両親らが子どもを産む前に良い教育を受け、仕事に就こうとしているためだという。また、ロシアの人口統計学者ユーリ・クルプノフ氏は、若いロシア人が西側諸国の生活水準を無意識に真似しているところに大きな理由があると見ている。特に、西側諸国と日本では、初産の平均出生年齢は30歳を超えている。2017年までにロシアでは、この数字は28.5歳に達した。

クルプノフ氏によれば、若い親たちのための手当てや免税を止めてはならず、若い家庭での出産が人気のトレンドとなるような国民的な人口動態概念を創作する必要がある。

関連ニュース

タグ
研究, ロシア, 子供
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント