07:59 2019年11月17日
米国の無人機、ロシア西部国境付近で飛行

米国の無人機、ロシア西部国境付近で飛行

© AP Photo / Remy de la Mauviniere
ロシア
短縮 URL
0 25
でフォローする

米空軍の無人機RQ-4Bグローバル ホークが19日、ロシアの西部国境に沿って飛行した。軍用機の移動を監視する欧米リソースが伝えた。

スプートニク日本

報道 によると、グローバル ホークは、シチリアにあるNATOのシゴネラ空軍基地から飛び立った。グローバル ホークは日本時間13時25分ごろにエストニアの空域に入り、日本時間15時ごろまでにレニングラード州とプスコフ州の国境沿いの飛行を終えた。その後、グローバル ホークはリトアニアの空域に入り、カリーニングラード州の境界線の上空も飛行した。同機は今回、境界線から35〜45キロの距離にまで接近した。

ロシアの国境近くでは最近、外国の偵察・哨戒機や無人航空機の活動が拡大。これらの航空機はとりわけ、クリミアとクラスノダール地方の周辺とロシアの西部国境の近くで確認されている。4月から米偵察機は沿バルト地域から少なくとも12回ロシアの国境付近を飛行。

関連ニュース

露国境付近で一週間で航空機22機が偵察活動

タグ
無人機, 軍事, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント