02:02 2019年10月15日

ロシアのヴォログダ州で過去最低気温を更新

© Sputnik / Igor Podgornyi
ロシア
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシアのヴォログダ州では14日、気温が零度まで下がり、7月の最低気温をおよそ100年ぶりに更新した。ロシア連邦気象庁が発表した。

ヴォログダ州のオネガ湖畔にあるヴィテグラ町では14日、気温が零度まで下がり、7月の最低気温を100年以上も更新した(これまでの最低気温は1912年に記録された1.9度)。

そのほか、ヴィボルグ、ペトロザヴォーツク、コストロマといった都市でも過去の最低気温を更新した。ロシア連邦気象庁によれば、ロシアの北部から中心部にかけてしばらく寒気がとどまる模様。

関連ニュース

タグ
気候変動, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント