12:51 2019年08月23日
ソ連製戦車「ラドガ」

「核の黙示録」 ロシア南部で旧ソ連製戦車が発見

© 写真: Twitter/Andrei_bt
ロシア
短縮 URL
0 83

ロシア南部都市カメンスク=シャフチンスキーで旧ソ連製戦車「ラドガ」が発見された。この戦車は、核兵器から強固に防御することから「核の黙示録」と呼ばれていた。

戦車「ラドガ」は、Т-80戦車をベースに80年代初頭にはじめて生産された。このモデルは全部で5台生産されている。

またこの戦車はもっとも「重たいリムジン」と呼ばれた。それは旧ソ連の指導部のための参謀車両として使用されることから、大量破壊兵器から高い確率で防御を行う必要があったためだ。重量は42トン。

レニングラードの設計士らは、戦車「ラドガ」に強力なフィルタリング設備や予備のエアーシリンダー、そして空調設備を設けた。そのほかにも同戦車には当時最新の連絡と監視システム、テレビカメラ、外部環境の管理設備が設置されていた。

強力なGTD-1250エンジンは、自動で放射能を含む埃のクリーニングを行う。

歩道では戦車の最高速度は時速70キロメートルに達し、補給なしで350キロメートルの運行が可能。

戦車「ラドガ」は1986年のチェルノブイリ原発事故後に試運転が行われ、現地調査用に使用された。その後に得られた経験はより近代化された戦車の生産に活用された。

カメンスク=シャフチンスキーで見つかった戦車は現在、現地の軍事技術公園で展示がされている。

タグ
軍事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント