16:51 2019年09月21日
ロシアでもっとも「男性的」と認識されている日本車

ロシアでもっとも「男性的」と認識されている日本車

© Fotolia / Anyaberkut
ロシア
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (56)
141
でフォローする

ロシアの分析機関「AUTOSTAT」は、日本のインフィニティが率いるロシアでもっとも「男性的」な自動車ブランドのランキングをまとめた。

「AUTOSTAT」のデータによれば、ロシアでのインフィニティの所有者の95.8%は男性で、女性は4.2%だけだった。これに基づきブランドはもっとも「男性的」として認識された。

2位はロシアのブランドUAZ(95.5%)。 日本車はスバル(93.3%)とトヨタ(92.7%)がそれぞれ3位と4位だった。5位はチェコ産のシュコダ(91.7%)。

日本の三菱(90.9%)とホンダ(90.7%)も9位と10位にランクインした。

「AUTOSTAT」の分析は2013年から2019年の間に実施されたアンケート調査にもとづき行われた。合計で24万件のアンケートが分析された。

女性はどんな車を選ぶのか?

同じように、もっとも「女性的」な自動車のランキングがまとめられた。

「AUTOSTAT」の調査によると、もっとも「女性的」なブランドは中国産のCheryで、所有者の24%が女性だった。

2位はDaewoo(22.5%)、3位はLifan(20.3%)だった。

4位と5位はわずかな差でプジョー(17.2%)とスズキ(16.9%)が占めた。リストアップされたブランドの他に「女性的」トップ10には、 Citroen(16.3%)、Geely(15.7%)、Hyundai(12.7%)、マツダ(12.5%)、Opel(11.7%)がランクインした。

関連ニュース

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (56)
タグ
自動車, 番付・ランキング, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント