04:46 2021年05月16日
ロシア
短縮 URL
119
でフォローする

米国は国連総会に参加するロシア代表団の一部にビザを発給しなかった。これにより、国連総会への参加はおろか、ニューヨークで間もなく開かれる包括的核実験禁止条約の会議に出席することも困難になった。ロシアのネベンジャ国連大使が記者団に伝えた。

記者団の取材に応じたネベンジャ国連大使は、ロシア代表団の一部にビザを発給しなかった米国の姿勢を「あるまじき醜態」と批判した。ニューヨークでは今週、包括的核実験禁止条約に関するハイレベルの協議が行われる予定。この会議にはラブロフ外相の出席が予定されている。

ロシア外務省のザハロワ報道官はこれまで代表団の一部にビザが発給されていないことをすでに伝えていた。米国側は技術的な問題で発給が遅れているとしたが、そうした説明に「納得がいかない」としていた。

入国ビザが発給されなかったロシア政府関係者は10名に上る。その中には、コサチョフ連邦院国際問題委員長やスツルキー下院国際問題委員会議長など、政府高官も含まれている。

関連ニュース

タグ
国連, ビザ・査証, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント