16:21 2019年12月09日
新型ロシア地対空ミサイルS-500の強みと弱みを専門家が解説

露国防省、シリアでのS-500テストの報道を否定

© 写真 : The Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
0 62
でフォローする

ロシア国防省は、イズベスチヤ紙に対し、シリアでロシアのミサイルシステム「S-500」をテスト、使用する必要性は、過去においても現在においても一切ないと伝えた。

先にイズベスチヤは、軍産複合体などの消息筋の話として、シリアでS-500のテストが行われたと報じた。

ロシア国防省は「S-500は長距離の弾道および空気動力学的目標に対抗するためのものである。シリア・アラブ共和国の領内で地対空ミサイルシステムS-500をテスト、ましてや使用する必要性は、過去においても現在においても一切ない」と伝えた。

ロシア国防省は、カザフスタンとの国境地域にあるロシアのアシュルク試射場の条件の厳しさは、あらゆる防空システムのテストにとってシリアに劣らないと指摘した。

関連ニュース

ロシアの地対空ミサイルシステムS400、北極圏に実戦配備

タグ
ロシア軍, ミサイル, 武器・兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント