00:07 2019年10月19日
「マトリョーシカ」ダイヤ 採掘

ロシア 8億年以上の希少な「マトリョーシカ」ダイヤ 採掘

© Sputnik / ALROSA Press Office
ロシア
短縮 URL
0 71
でフォローする

ロシアのヤクーチア(サハ共和国)で希少な二重ダイヤが採掘された。構造的には「マトリョーシカ型」の入れ子ダイヤとも言える。ダイヤモンド採掘企業「アルロサ」が同社HPで伝えている。

ダイヤの構造は大変ユニークだ。一つのダイヤの内部空洞に、もう一つのダイヤの粒が入っている。マトリョーシカ、つまり入れ子構造となっている。

「アルロサ」社専門家によると、このようなダイヤは世界のダイヤモンド採掘史上初めてであり、その年齢は8億年以上と見積もられている。重量はわずか0.62カラット、内部のダイヤは0.02カラットとのこと。

「アルロス」社では希少な二重ダイヤが形成された背景として、2つの可能性があると考えている。第一の仮説は、ダイヤが成長過程で別の鉱物に乗っ取られ、それが溶解し空ができたというもの。

もう一つの説は、ダイヤが急成長した結果、多結晶層が現れ、同様にその後溶解し空洞ができたというものだ。

関連ニュース

タグ
びっくり, すごい, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント