05:38 2020年03月30日
ロシア
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャツカ半島沖の太平洋で21日未明、マグニチュード6.1の地震が発生した。ペトロパブロフスク地震観測所がリアノーボスチ通信に伝えた。

ロシア科学アカデミー地球物理学庁カムチャツカ支部が発表したデータによれば、震源地はペトロパブロフスク・カムチャツキー市から北東に144キロ、震源の深さは66キロだった。

ペトロパブロフスク・カムチャツキー市では震度3から5の揺れが感じられた。マンションの高層階では特に揺れが強かった。

関連ニュース

IAEAグロッシ事務局長 訪日へ 福島関連の全ての重要問題を討議

タグ
地震, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント