16:37 2020年08月14日
ロシア
短縮 URL
0 11
でフォローする

ロシア全国の新型コロナ新規感染者は8831人。そのうち38.2%には症状などはなかった。対策本部が発表した。

地域別では、新規感染者の最多はモスクワ市の1998人。次にモスクワ州(767人)、サンクトペテルブルク市(375人)と続く。

ロシア全国の新型コロナ感染者は累計44万1108人となった。この24時間で169人が死亡、8666人が治癒した。全国の死者合計は5384人、回復者は計20万4600人となった。

ここ数日、当局はCOVID-19の状況は落ち着きを見せ始めたと繰り返し発表、多くの地域における制限緩和の理由としている。

新ルールのカフェ

制限緩和を控え、モスクワでは3000軒の夏のオープンカフェの準備が始まった。モスクワ副市長は「レストラン経営者が(オープンカフェ)設営を開始できるのは数日後のことだろう。カフェの一斉開始日はまだ決まっていないが、経済活動を一刻も早く回復するため、制限緩和に向けて準備を整えることが重要となる」と語った。副市長は、すべての施設が安全策を守る義務があると強調。テーブル間の距離は1.5メートルを保ち、訪問客の体温を測定する義務があるという。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント