14:40 2020年09月20日
ロシア
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシア国境付近ではこの1週間で偵察活動を行う航空機32機が確認された。露国防省機関紙「赤い星」が伝えた。

ロシア国境付近では無人偵察機6機が確認されたという。

国境付近での偵察活動を阻止するため、ロシア軍機の緊急発進が3度にわたって行われ、領空侵犯が阻止された。

7日、ロシアはオホーツク海上空の米軍の戦闘機1機を迎撃するためにSu-35戦闘機2機を発進させた。

先にテクノロジー社のアンドレイ・シルキン最高経営責任者(CEO)は、ロシアの第5世代戦闘機Su-57用に開発されたガラスが核爆発及びさまざまな種類の放射線の光から操縦士を保護することができることを明らかにした。

以前、軍事専門ニュースサイト「ミリタリー・ウォッチ」は、第4++世代ジェット戦闘機Su-35が米国の戦闘爆撃機F-15EXよりも優れていると報じていた。

タグ
軍事, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント