01:31 2020年09月22日
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

ロシア国境付近ではこの一週間で偵察活動を行う航空機38機が確認された。露国防省機関紙「赤い星」がインフォグラフィックで伝えた。

また、ロシア国境付近では無人偵察機4機が確認された。

報道によると、国境付近での偵察活動を阻止するため、ロシア軍機の緊急発進が6度にわたって行われ、領空侵犯が阻止された。

8日、ロシア航空宇宙軍の戦闘機「Su-35S」3機が、米国の戦略爆撃機を迎撃するためオホーツク海上空で飛行を行ったと伝えられていた。また、ロシア航空宇宙軍南部軍管区の戦闘機Su-27が9日、ロシアとの国境に接近してきた米海軍の電子通信偵察機を迎撃するため黒海空域に緊急発進した。

これより前、ロシア連邦のユーリー・ボリソフ副首相は初の量産型の戦闘機Su-57が年末までにロシア軍に引き渡されることを明らかにしていた。

タグ
ロシア, ロシア軍, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント