07:34 2020年10月22日
ロシア
短縮 URL
0 80
でフォローする

モスクワ地下鉄の大環状線の「クリョーノヴィ・ブリヴァール」駅の設計競技で、英国のザハ・ハディド建築事務所(Zaha Hadid Architects)が勝利した。モスクワ市のソビャニン市長が明らかにした。

ソビャニン市長はインスタグラムに「大環状線の2つの駅に関する国際オープン設計競技の勝者が選ばれた。 『クリョーノヴィ・ブリヴァール』部門は世界的に有名なザハ・ハディド建築事務所」と投稿し、クリョーノヴィ・ブリヴァール駅はたくさんの光を取り入れた軽やかでエレガントな駅になると伝えた。

​クリョーノヴィ・ブリヴァール駅は、大環状線と建設が予定されているビリュリョーフスカヤ線によって形成される交通結節点の一部となる。

ザハ・ハディド氏はプリツカー賞を受賞した初の女性建築家。プリツカー賞は建築界のノーベル賞と称され、建築分野における功績に対して授与される。ハディド氏率いる建築事務所は、カタールのサッカースタジアム、バクーのヘイダル・アリエフ・センター、中国の長沙にある国際文化芸術センターなどを設計した。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント