13:00 2021年01月24日
ロシア
短縮 URL
0 100
でフォローする

ロシアの戦闘機Su-57の量産初号機(第1段階エンジン搭載)が、年内にロシア国防省に引き渡される。ロシア国営ロステックのトップ、セルゲイ・チェメゾフ 氏が記者団に明らかにした。

チェメゾフ 氏は記者団に「近い将来、文字通り年末までに、我々は第1段階エンジンを搭載した量産機を納入しなければならない。量産機は第5世代機に必要なすべての性能に合致している」と述べた。

またチェメゾフ 氏は、Su-57に関するすべての作業は国防省が提示した予定表に従って実施されているとし、「我われはすでに複数の試験機から10機を納入しており、それらは順調に稼働した。現在、76機の供給に関する国家契約が履行されている」と述べた。

第5世代戦闘機Su-57は、空中、地上、水上のあらゆる種類の標的を破壊する。同機は、スーパークルーズ性能を持ち、武器は胴体内部に搭載され、電波吸収体や最新の搭載機器を有している。

関連ニュース

タグ
ロシア軍, 武器・兵器, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント