19:59 2021年06月15日
ロシア
短縮 URL
0 120
でフォローする

4日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、「ノードストリーム2」の第1パイプラインの配管敷設が無事に終了し、第2ラインの作業が続けられていると発表した。

同大統領によれば、ロシアのエネルギー企業「ガスプロム」社は燃料でパイプラインを満たす用意が整ったという。

プーチン大統領は、「このルートはロシアとドイツ連邦のガス輸送システムを直接結び付けることになる」と表明した。

また、プーチン大統領は、海上ルートを含めた「ノードストリーム2」の全区域の建築作業が終了したと語った。

「ノードストリーム2」

「ノードストリーム2」プロジェクトはバルト海底を経由してロシア沿岸部とドイツを結ぶガスパイプライン。プロジェクト参加者は主に欧州企業。計画では2019年内に建設完了予定だった。

本プロジェクト実施に反対しているのは一連の欧州諸国と、自国天然ガスを欧州に推し進めたい米国。

ロシア側はこれまで何度も「ノードストリーム2」はあくまでも商業的および競争に基づいたプロジェクトであり、ウクライナ経由の欧州へのロシア製ガス輸送の停止を意味するものではないと説明を繰り返してきた。

タグ
ドイツ, ロシア, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント