06:35 2017年12月18日
東京+ 1°C
モスクワ+ 1°C
    セックス頻度が子どもの性別に影響

    セックス頻度が子どもの性別に影響

    © Fotolia/ Nick Freund
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 286

    カップルのセックス頻度が高いと男児誕生の確立も高くなる。世に女児が増えているのは社会のストレス度の高さを示している。

    こんな英国での調査結果が発表された。MedikForumが明らかにした。

    男児の出生率とセックス頻度の相関関係を紐解いた学者らは、子どもの性はホルモンの度合いによって決まること、男児は排卵サイクルのはじめの時期に現れることが多いと説明している。受精率が一番高くなるのは排卵の2日前。ところが頻繁な性交では受精はそれより早い時期、つまり排卵サイクルの初期段階で起こる。これによってまさに男児が生まれる確率が高まる。

    統計では女児誕生は大多数の場合、ストレスを受けている時期であることがわかっている。特に、日本では1995年の地震の後、また米国でも2001年9月11日の同時多発テロ事件の後、女児誕生が相次いだ。

    調査によれば、ストレスがかかる時期は流産率も高くなり、その際、流れてしまうのは男児であるケースが多い。

    タグ
    医療, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント