12:17 2019年10月24日
火星

NASA、火星サバイバル実験を開始

© Flickr/ Jason Major
テック&サイエンス
短縮 URL
0 09
でフォローする

NASAはハワイで火星での生活をシミュレートする実験を開始した。 6人がまる一年間、マウナロアの砂漠に設置された直径12メートルのドームに住み、外出時は必ず宇宙服を着用する。

実験は午前4時(モスクワ時)開始した。

チームは宇宙生物学者(フランス)、物理学者(ドイツ)、パイロット、エンジニア、建築家、医師、土壌学者(すべて米国)で構成されている。各人にベッドルーム兼仕事場が与えられ、食料としては粉末チーズやツナなどの缶詰が用意されている。外界との通信はインターネット経由で行われるが、アクセスは制限される。

実験の目的は、密閉空間にともなう乗員間の争いや、新鮮な空気、水、食料の不足といった問題を回避すること。

実験チーフ、キム・ビンステッド氏がAFPに語ったところでは、これは第4次の火星生活シミュレーションであり、これまでの実験は120万ドルで済んでいる。「非常に安い経費だ」。現時点でもう3度実験を行えるだけの助成金が得られているという。

ガーディアン紙によれば、NASAはこれから8ヶ月の間に火星に無人探査機を打ち上げる可能性がある。有人探査は1〜3年後にも始まる見込みという。

関連:

火星画像から「エイリアン」に似た石が見つかる(写真、動画)
火星でガラスの層が発見
NASA、火星植民計画コンクールに1万5千ドル
今週のベストショット:プーチン大統領、ジャガー、火星
ロシア 月や火星を含む宇宙探査で主導的な地位を目指す
火星に液体状の水が存在するための条件見つかる
米ロ、火星・月へのロードマップ作成
タグ
火星, 宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント