15:54 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    安倍首相

    日本で「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」開幕

    © AFP 2018/ Toshifumi Kitamura
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 41

    日本で4日、権威ある国際会議「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)」の第12回年次総会が開幕した。総会には、100カ国以上から学者、政治家、社会活動家、企業家など1500人以上が参加している。

    開会式に出席した安倍首相は、日本をイノベーションが次々起こる国に変えたいとの意向を表し、そのためには知と知が出会い、イノベーションがさらなるイノベーションを生む場となる「エコシステム」が必要だと指摘した。

    ロシア側からは、ロシアのドヴォルコヴィチ副首相と「ロスナノ」社のチュバイス取締役会長が出席している。その他にも、ロシア産業家企業家連盟のアレクサンドル・ショヒン会長や、企業家連盟「ビジネス・ロシア」の会長ならびに社会院のメンバーであるアレクセイ・レーピン氏などもロシア代表団に加わっている。

    ロシアの参加は、同フォーラムの組織者たちに常に高く評価されている。会議の創設者である尾身幸次氏は、ロシアは巨大なポテンシャルを持っているとの見方を示している。

    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント