12:43 2019年11月13日
トヨタ

米政治学者「IS戦闘員に大量のトヨタ車を供与したのは米国務省」

© 写真: zeevveez
テック&サイエンス
短縮 URL
45213
でフォローする

米国にあるロン・ポール平和・繁栄研究所の政治学者らは「なぜ『IS(イスラム国)』の戦闘員らが、自分達の部隊でトヨタのピックアップやオフロードカーを大量に使っているのか」という問いに対し一つの答えを出した。それによれば「米国務省と英国政府自身が、それらを『IS』に供与した」のだという。

原因は、2013年から2014年にかけて米英当局が、トヨタ製ジープなどを、アサド政権に反対して戦っている「自由シリア軍」に供与していた事にあった。先に米国政府は、トヨタに対し「なぜあれだけの数のトヨタ車を『IS』は手に入れる事が出来たのか」について説明するよう、公式の質問書を送ったが、トヨタ側は「わからない」と回答している。

トヨタ
© Sputnik / Владимир Астапкович
これに対し、ロン・ポール平和・繁栄研究所の専門家達は、2014年に米国のラジオPublic Radio International,が放送したシリア革命在野勢力連合のオウバイ・シャフバンダル顧問へのインタビュー内容、及び新聞「インディペンデント」の記事をもとに、結論を出した。このインタビューの中で、シャフバンダル顧問は「米国務省は、43台のトヨタ車を含め、アサド政権に反対するシリアの在野勢力への援助を再開した」と述べた。供給先のリストには「自由シリア軍」も入っており、彼らにも、オフドードカー(Land Cruiser)やピックアップ(Hilux.)が送られたという。

また英国の新聞「インディペンデント」は、2013年「暴露;欧米はシリア蜂起軍に何を与えたか」と題された記事の中で「英国政府は、在野勢力蜂起軍に、800万ポンドの援助をした」と報じ、援助には、弾道保護機能を持った車両、防弾チョッキ20組、トラック4台(25tトラック3台と20tトラック1台)、オフロードカー6台、非装甲仕様のピックアップ5台が含まれていることを暴露した。

 

 

関連:

トヨタ、天津の合弁工場の操業を停止
トヨタ、記録的な利益を上げる
トヨタ、自動車売り上げで世界第一位から陥落
トヨタ 麻薬取締法違反で逮捕された米人女性トップマネージャーの辞任を発表
トヨタと日産 エアバッグ欠陥問題で全世界で約300万台リコール
トヨタと日産 エアバッグの欠陥で160万台以上をリコール
トヨタ自動車ロシア、2016年の生産拡大計画を維持
トヨタ、ロシア市場を去るつもりなし
タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント