00:37 2018年09月21日
科学者たち、人間主観に相等するものの作成のために提携

科学者たち、人間主観に相等するものの作成のために提携

© 写真: A Health Blog
テック&サイエンス
短縮 URL
141

ロシア、米国、英国、日本、ドイツ、フランス、スウェーデン、イタリアなど15カ国の研究者が生物学にインスピレーションを得た認知アーキテクチャー(BICA)に関する初の国際的な科学スクールに参加、国立原子力研究大学「モスクワ物理工学研究所」で作業を開始した。

ロシア科学財団と国際学術団体「BICA」の後援のもと国立原子力研究大学「モスクワ物理工学研究所」が開催したイベントの組織委員会によれば、4日間にわたり、学生、インターン、ポスドクや若手研究者がBICAの国際的に認められた専門家らと会う予定。人工認知システムの高度化に関する欧州ネットワークのコーディネーター、デヴィッド・ヴァーノン、ロンドン大学教授ケイト・ジェフリー、ロシア科学アカデミー参与会員コンスタンチン・アノヒン、パレルモ大学ロボット工学教授アントニオ・チェッラ、ペンシルベニア州立大学教授フランク・リッター、ロシア科学アカデミーシステム研究研究所光学ニューロン研究センターニューロインフォマティクス室長ヴィタリー・ドゥニン・バルコフスキイの各氏などだ。

「人間の思考の主な機能的側面は、認知アーキテクチャーの文字型モデルを用いた計算レベルで記述することができる。これらの原則のもと機械に人間の主観に相等するものを作り、相応する人格のレベルで人と認識することは、全生活分野に影響を与える技術的進歩につながる」 。ジョージ・メイソン大学教授で国立原子力研究大学「モスクワ物理工学研究所」「サイバネティックス」学科教授のアレクセイ・サムソノヴィチ氏は述べている。

タグ
ロボット, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント