18:49 2018年09月20日
ソーラー・インパルス2

太陽エネルギー飛行機ソーラー・インパルス2 太平洋を飛行

© AFP 2018 /
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

太陽エネルギーだけで世界1周を目指している飛行機「ソーラー・インパルス2」が、ハワイからカリフォルニアまでの3日間にわたる太平洋上空の旅を終えた。

「ソーラー・インパルス2」は4月21日、太陽電池のトラブルで修理を受けていたハワイから、天候条件を待って飛びたった。
今回は9回目の飛行となった。

「ソーラー・インパルス2」は2015年3月にアラブ首長国連邦のアブダビを出発し、日本までのルートをいち早くクリアしたが、続いてのハワイまでの飛行の際に深刻なトラブルに見舞われた。

「ソーラー・インパルス2」は、機体の上に取り付けられた1万7000個の太陽電池のみを動力源としている。

飛行状況は、モナコにある飛行管制センターが毎分管理している。

気象学者や企画者たちは「ソーラー・インパルス2」にとって最適なルートを選びながら、常に情報を更新している。

関連:

科学者たち、人間主観に相等するものの作成のために提携
日本はロボット農民の開発に3700万ドルを投資
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント