18:50 2020年10月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
5269
でフォローする

考古学者らはアルタイ山脈でアディダスのスニーカーに似た靴を履いた女性のミイラを発見した。モンゴルのKhovd博物館の代表がスプートニクに語った。

1500年前のミイラと推定されるが、2800メートルの高度で埋葬されたため、とてもよく保存されているという。

「女性の足には非常にアディダス製品に似ている靴がある。横には他にも器具、衣服、手綱、羊の頭、他の動物の骨などがあった」という。

アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見
© 写真 : Khovd Museum
アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見
ミイラの写真がネット上に登場すると、ユーザーらは、この女性は時間旅行者であるかもしれない、という結論に達した。

「1500年前のミイラがアディダスの靴を履いているのは時間旅行の証明である、と人々は考えている」とあるユーザー。

アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見
© 写真 : Khovd Museum
アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見

前にボリビアで古生物学者のグループが、約8000万年前に生きていたと思われる肉食恐竜の巨大な足跡を発見したと報じられた。

関連:

天文学者ら、木星サイズの「彗星」発見
オーストラリアで巣を作らない新種の蜘蛛、発見
恐竜と同時代を生きた最小の生物、発見
タグ
歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント