06:08 2017年08月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 22°C
    日本の学者 月と地震の秘密のつながりを発見

    日本の学者 月と地震の秘密のつながりを発見

    © 写真: NASA/NOAA
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 2181135

    日本の学者たちが、驚きの法則を発見した。地球上での地震の回数と強度が満月や新月に関係しているというのだ。

    東京大学の井出哲教授と共同研究者たちは、最近10-15年に起こった大地震を調査した。学者たちは、潮汐力が地球の内部で起こっていることへの実質的な影響を持っていることを明らかにした。満月と新月の時に地下震動が強まるという。

    月の引力は、地殻応力が蓄積されている月の深層で働く。月の磁場の影響で地下震動が強くなったり弱くなったりする。

    月と地震の関係についての発見は、最初に揺れが発生した時に月の位置に基づいて地震の大きさを予測するのに役立つ可能性がある。

    先に伝えられたところによると、月の形成に関する有力説が否定された。 

    関連:

    月でもネットに接続可、NASAが発表
    月の周りで塵の雲が観測
    ロシア 月に収容人数12人の基地建設へ
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント